建設セーフティネット使用基準

建設セーフティネット落下怪我に対する労働保護ツールの一種であり、高層ビルの建設、屋根のメンテナンスと改修、屋根の建設、橋の建設とメンテナンスなどで広く使用されています。 建设セーフティネットは、水平ネットと垂直ネットに分かれています。 水平ネットは、落下する人や物をブロックし、落下する人や物の被害を回避または軽減するために使用されます。 垂直ネットは、人や物が落ちるのを防ぐために使用されます。 建設の安全性の向上に対する意識の高まりにより、建設セーフティネットの使用が大幅に増加しています。

建設セーフティネットを選択して設置する際に考慮すべき点がいくつかあります。

Construction safety net installed on the construction walls
2 construction safety nets connected by coupling ropes
建設安全ネット基準と規則

35 mを超える高層ビルや建設用セーフティネット2

BS EN 1263スタンダード

  • セーフティネットは、次のようなさまざまな種類のロープで構成されています。
    • メッシュロープ:彼らが解くことができないような方法で編まれたロープの最低3つの別々のストランド。
    • ボーダーロープ: セーフティネットの周囲の各メッシュに通される連続ロープ。
    • ロープを結ぶ: セーフティネットを構造要素および/または構造上のアンカーポイントに固定します。
    • カップリングロープ: エリアを保護するために複数のネットが必要な場合は、一緒にジョイントネット。
  • BS EN 1263は2つの方法でネットを分類しました:
    • 最大エネルギー吸収容量: ネットが吸収できるエネルギー量は、キロジュール (kJ) で測定します。
      • クラスAの正味容量は2.3kJである。
      • クラスBの正味容量は4.4 kJです
    • ミリメートルで測定されたメッシュサイズ
      • クラス1メッシュサイズは60 mmです
      • クラス2メッシュサイズは100 mmです

注: クラスA1 (2.3kJエネルギー吸収容量と60 mmメッシュサイズ) とA2ネット (2.3kJエネルギー吸収容量と100 mmメッシュサイズ) の両方がセーフティネットシステムに適しています。 クラスA2ネットは、メッシュサイズが大きいほど軽く、初期のたるみが少ないため、最も一般的に使用されます。

35 m未満の住宅建設または建設用セーフティネット2

BS EN 1263は、35 mを超えるセーフティネットにのみ適用されます2最短辺は少なくとも5.0mです。 住宅建設では、個々のセーフティネットが35 mになることはめったにありません2または大きい。 したがって、35 m未満のセーフティネットの具体的な推奨事項2含まれます:

  • 落下の高さは2 m以下でなければなりません。
  • 4.4kJのエネルギー吸収容量を持つクラスBネットを使用する必要があります。
  • クリアランス距離でネットの下に材料を保管しないでください (十分なクリアランスを維持する必要があります)。
  • クリアランスを維持するためにブレースの交換を検討してください。
  • ネットは、ネットの最短側の約5% 〜10% の初期のたるみを持つ必要があります。
  • 引張強さ
    • ボーダーロープ: 最小引張強度は30 kNで、BS EN 1263-1、句7.5に従ってテストする必要があります。
    • タイロープ: 最小引張強度は30 kNで、BS EN 1263-1、句7.5に従ってテストする必要があります。
    • カップリングロープ: 最小引張強度は7.5 kNで、BS EN 1263-1、句7.5に従ってテストする必要があります。
Construction safety net installed on the high rise building
建设セーフティネットを正しく使うには?
  • セーフティネットは、高さで作業が行われる場所の下に設置する必要があります。
    • 建物の高さが4 mを超える場合は、壁が高くなるにつれて徐々に上昇するセーフティネットを設定する必要があります。 4 mごとにセーフティネットをセットし、しっかりと固定します。
  • セーフティネットは、内側が低く、外側が高くなります。
    • 外の部分の高さの差は约50 cmです;
    • サポートは破损または曲がることから自由である;
    • 内壁と壁の间のクリアランスは15cm未満でなければなりません。
    • 正味の最低点と下の物体表面との間の距離は、3 mより大きくなければならない。
  • セーフティネットのインストール中に必要なサポート。
    • 材木サポートのより小さい直径は7 cm以下ではないです;
    • 竹サポートの小さい直径は8 cm以上でなければなりません;
    • サポート間の距離は4 m以下でなければなりません。
  • 使用する前にセーフティネットが腐食または損傷していないか確認してください。
    • 建設中、セーフティネットは無傷で効果的でなければならず、サポート構成は均一な負荷分散で合理的に配置されなければなりません。 ネットに破片は見つかりません。
    • オーバーラップはタイトでしっかりしていて、ギャップが残ってはなりません。 設置されたセーフティネットは、建設中に取り外されたり損傷したりしてはならない。 高さのすべての作業が終了したときにのみ削除できます。
    • 設置されたセーフティネットが建設の必要性のために一時的に取り外されなければならない場合、建設ユニットはそれを取り外す前に設置者に知らせ、同意を求める必要があります。
    • 建設が完了したら、建設ユニットは必要に応じてすぐにセーフティネットを復元する必要があります。セーフティネットは、設置者がセーフティネットの設置を確認して確認した場合にのみ使用できます。
  • 定期的なメンテナンスと点検
    • ネットの破片を定期的に掃除してください。 溶接がネットの上で行われるときは、溶接火花がネットに落ちるのを防ぐために効果的な対策を講じる必要があります。
    • 深刻な酸やアルカリのスモッグがネットの周りに長期間存在することは許されていません。
    • 使用するときは、セーフティネットを定期的にチェックする必要があります。 実績を記入し、資格のないセーフティネットにタイムリーに対処します。
    • セーフティネットを使用していないときは、湿気やカビを防ぐために適切に保管してください。
  • 新しいセーフティネットを使用する前に、製品名タグを確認してください。
    • ネームプレートでは、セーフティネットが垂直ネットまたは水平ネットであることを示しています。 2種類のネットを混同することはできません。 垂直ネットは水平ネットとしては使用できません。
  • メーカー制造ライセンス
    • 製品工場の証明書にセーフティネットが古いセーフティネットであることが示されている場合は、使用前にネットをテストしてください。 資格のあるテストレポートが付属している場合にのみ使用できます。
A worker is installing the construction safety net.
インストール規則
  • セーフティネットでは、すべてのタイロープをサポートに結び付け、すべてのボーダーロープをサポートに密接に取り付けなければなりません。 ネクタイは簡単にしっかりと接続され、力を加えた後に緩むことはありません。 腱ロープ付きセーフティネット、腱ロープは、インストール中にサポートに接続する必要があります。
  • 水平ネットはあまり緊張してはならない。 ネットと操作場所の間の高さが5 mを超える場合、延長された長さは4 mを超えるものとします。高さが5 m未満の場合、延長された長さは3 mを超えるものとします。 ネットと物体表面の間の最小距離は3 m以上でなければならず、2つの安全ネット間の距離は10 m以下でなければならない。
  • 垂直ネットは平面に垂直でなければならず、作業面の端までの最大クリアランスは10 cmを超えてはならない
  • インストール担当者: FASET認定担当者のみがセーフティネットのインストールに使用できます。